意外に地味?探偵業

>

出来れば学んでおきたい法律に関する知識

探偵事務所に就職

探偵会社の求人は、意外と珍しくなく、ハローワークや求人広告などで普通に募集しています。
多様な案件を取り扱う探偵業ですから、法的知識や調査技術を学べる探偵学校を卒業している人は即戦力として探偵会社側も欲しいところでしょう。
かと言って、探偵学校を卒業していなければ探偵会社に就職できないというわけではなく、あくまで付加価値的な存在というのが探偵学校の位置付けであると言えます。
もし探偵学校を出ていなくても、探偵会社に勤務しながら、探偵業界独自の資格や検定を取得することもできます。これは探偵としての能力の証明になり、昇進に有利になる可能性があります。
依頼者側からしても、法的知識や探偵としてのノウハウを知り尽くしている相手の方が信用できると思うので、探偵の仕事をしたいと考えている方はこういった学校や制度を利用してみてはいかがでしょうか。

独立して探偵業を営む方に

探偵学校を卒業、または弁護士や行政書士などの資格を取得している方も、どちらも該当しない方も、探偵業の開業は可能です。
届け出を行えば、よほど特別の事情(禁固刑、破産宣告など)がない限り、どんな人でも探偵事務所を開業できます。
ただ、やはり未経験でいきなり開業することはお勧めできません。依頼者側も、料金を払う以上しっかりと仕事をしてくれそうな探偵を選びます。
法的知識も何もなく、ただ直観だけを頼りに調査するような探偵には、次は頼まないでしょう。
なので開業するのであれば、最初は大手の探偵事務所などに就職し、探偵としてのノウハウを実践と共に学び、ある程度の人脈を得てから独立開業することをお勧めします。探偵事務所に所属して働きながら探偵学校に通うことも出来ますし、税理士などの資格を取ることも出来ますので、いずれ開業を考えていらっしゃる方はご一考してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る