意外に地味?探偵業

探偵って何をしてくれるところ?

探偵の業務は忍耐力との勝負

探偵業務の要となるのは、調査業務になります。
調査業務の中でも重要なのは「聞き込み」です。ご近所での評判や職場での勤務態度、その他諸々聞き出すためにはコミュニケーション能力は欠かせません。
何の脈絡もなく唐突に尋ねても、大抵の人は警戒して当たり障りのないことしか口にしないでしょう。真実を突き止めるためには、なるべく本当のことを話してもらわなければなりません。
しかし実際のところ、コミュニケーションを学問として学ぶことは義務教育や職場においてはありません。なので、コミュニケーション能力は元々の性格やセンスなどで決まる所が大きいと思います。あとは探偵になってから、コミュニケーション能力を磨くという手段もあります。
探偵の仕事というのは公的資料の調査や張り込みがほとんどだと言われています。その業務を、ただ文字を追っているだけではコミュニケーション能力は向上しません。ではどうすればコミュニケーション能力が向上するのか。それはまず「人」に興味を持つことです。ただ資料の文字だけを見て、自分の脳内で理解するだけでなく、その人が何を思ってその行動に至ったのか考えることが大事だと思います。例えば理系学部出身であれば、いつ頃から理系に興味を持ち始めたのか、そのきっかけは何か、幼少時はどのような遊びが好きだったのか、などなど、資料一つとってみても調べることは沢山あります。
資料をよく観察し、人物像が出来上がってくれば、次は聞き込みです。上記のように資料を読み込んでいれば、聞き込みをする相手にもなるべく自然な流れで真実に近いことを聞き出せるのではないでしょうか。

TOPへ戻る